B型肝炎訴訟とは?

B型肝炎訴訟とは?

B型肝炎訴訟とは、幼少期に受けた集団予防接種における注射器の使い回しが原因となって、B型肝炎ウイルスに感染してしまった人たちが、損害賠償を求めて国を提訴した裁判のことをいいます。

B型肝炎訴訟の当初の段階では、原告側はそれほど多い人数ではなかったのですが、審理が進む段階で、注射器の使い回しによるウイルス感染者は全国で最大40万人にも及ぶ可能性があることがわかるなど、国の責任の大きさと、B型肝炎訴訟の社会的意義があらためて問われる結果となりました。

そのため、裁判所の仲介によって、途中で国と原告団との間で和解が成立し、国は被害者に対して給付金を支払うことなどが取り決められました。

こうした当初の原告団のほかにも、全国には集団予防接種の注射器によるウイルスの持続感染被害を受けている人がおおぜいいます。

これらの人々についても、被害者間の公平性を保つため、当然ながら国による給付金の対象となっています。

ただし、この給付金を受け取るにあたっては、いったん国に対して損害賠償を求める訴訟を提起した上で、和解をすることが条件になり、このような形式的な訴訟も含めてB型肝炎訴訟とよばれています。

あくまでも訴訟ですので、通常は弁護士のような法律の専門家を代理人として、手続きを依頼するというプロセスがとられます。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ