B型肝炎訴訟と健康の関係は?

B型肝炎ウイルスに感染することによって起こる症状にB型肝炎があります。

初期症状としては、倦怠感や食欲不振、また、吐き気などがあり、次に、皮膚などの体の白い部分が黄色くなる黄疸が現れることになります。

しかし、初期症状では健康状態を見過ごされることも多く、その場合には症状が悪化し、肝がんへと進行する可能性が高くなります。

特に小さな時にかかってしまった場合にはウイスルが住み着いている場合が多いために健康体に戻ることが難しくなり、適切な治療が重要になります。

現在、治療法としては、主に肝庇療法や抗ウイルス療法、免疫療法が用いられていますが、治療を続けることによって健康な体にすることができます。

B型肝炎は、その大きな原因として集団予防接種が知られていますが、当初は、国はその責任を認めていませんでした。

しかし、最終的には責任を認め、B型肝炎訴訟制度ができたことによって多くの人が救済を受けることができるようになっています。

補償対象としては予防接種をした人と、その人からの母子感染をした人までとされていますが、補償をうけるためにはB型肝炎訴訟を起こす必要があります。

B型肝炎訴訟では、集団予防接種が原因であるかどうかが審議されることになります。
それは、感染には他の原因も考えられるからです。

そのために裁判という形を用いて判断をし、その結果、給付金が支払われることになります。

B型肝炎訴訟の給付金としては病状によっても違いがありますが、死亡や肝がんなどでの最高額3,600万円から症状が出ていない場合での50万円の間で、その額が定められています。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ