B型肝炎訴訟にかかる弁護士費用の相場は?⇒無料相談&成果が出るまで費用は頂きません

B型肝炎訴訟にかかる弁護士費用の相場は?⇒無料相談&成果が出るまで費用は頂きません

B型肝炎であるとされている人は100万人以上もいるといわれており、最近になってB型肝炎訴訟をすることによって、国からの和解金を請求することができるようになりました。

B型肝炎になって人の多くは、昔の国の集団予防接種が原因とされているからです。

B型肝炎訴訟で得られる金額は人によって異なりますが、50万円から3600万円までの範囲で請求することができます。

そこで、B型肝炎訴訟を行う場合は、弁護士に依頼して行うのが一般的となっています。

ですから、中にはB型肝炎訴訟が成功したら弁護士にいくらか費用を支払う必要が出てくると考える人もいるかもしれません。

しかし、B型肝炎訴訟における弁護士費用については、国が訴訟手当金の4パーセントを保証することになっていますから、弁護士費用を全額当事者が支払う必要はないということになります。

B型肝炎訴訟における弁護士の相場としては、給付金額の8パーセントと設定しているので、個人負担は実質4パーセントくらいになるということになります。

また、B型肝炎訴訟を起こす前の法律相談などに関しては、費用はかからないので、不明な点などがあるのであれば、すぐに法律の専門家に相談してみるとよいでしょう。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ