B型肝炎訴訟についての通知とは?

幼少期において集団で予防接種を受けるということは日本では見慣れた光景となっています。
このような集団を対象とした予防接種はさまざまな病気の予防にとても効果的なのですが、過去においてこの予防接種が原因となってしまい、B型肝炎ウイルスに感染してしまうといった事故が過去に発生し、そのことは大きな問題となりました。

B型肝炎ウイルスへの感染の原因は、予防接種の際に注射器や注射針の使い回しによるもので、B型肝炎ウイルスに感染している人からまだ感染していない人にウイルスが移ってしまったのです。

そこで、このような注射針や注射器の使い回しによるB型肝炎ウイルスの感染については国がその責任を認め、厚生労働省がB型肝炎訴訟に関する通知を出しています。

この通知では、過去における予防接種が原因となってB型肝炎ウイルスに感染した人に対しては給付金が支払われることになっています。

ただし、B型肝炎訴訟をするためには、過去に受けた予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染したことを証明する必要があるということが通知されています。

B型肝炎訴訟をするためには各種の必要書類が必要になりますが、そのなかでもB型肝炎訴訟をするうえで欠かせないのがB型肝炎ウイルスに感染していることを証明する診断書となってきます。

また、診断書だけではなく、接種痕も予防接種を受けたという証明になります。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ