B型肝炎訴訟に弁護事務所はどこを選べばいいのか?⇒専門弁護士事務所が無料相談を行っています

幼いころの集団予防接種で、注射器の使いまわしによってB型肝炎に感染したり、感染した母親から二次感染したりした被害者は、全国で45万人もいるとされています。

その責任は国にあることが認められており、B型肝炎訴訟を起こせば死亡や肝臓がんの場合は3600万円、軽度の肝硬変では2500万円、症状がなくても50万円の給付金を受け取れる可能性があります。

しかし実際にB型肝炎訴訟を起こした人は、まだ1万5千人程度しかいません。

B型肝炎訴訟では、単に感染しているというだけではダメで、集団予防接種から感染したことを裁判で証明しなければなりません。

自分で訴訟を起こすのも不可能ではありませんが、確実に結果を出したいなら弁護事務所の助けを借りるのが早道です。

弁護事務所では証拠となる書類を収集し、裁判で必要な各種の手続きを代行し、最終的に国との和解へ導きます。
B型肝炎訴訟を専門にしている弁護事務所なら、業務に熟練しているので無駄なく手続きが進むでしょう。

給付金の申請は平成29年1月29日までとされており、急ぐ必要があります。
受け取れるかどうか不明な人も、専門の弁護事務所で実施している無料相談を利用してみると良いでしょう。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ