B型肝炎訴訟の和解までの期間はどれくらい?

B型肝炎訴訟の期限は?

B型肝炎訴訟とは、幼少期の集団予防接種で注射針を連続使用したことが原因でB型肝炎に感染したことの責任を国が認め、感染した人とその人から母子感染した人を救済する制度です。

その症状によって給付金が支払われるのですが、自動的に給付されるのではなく、国を相手にした国家賠償請求訴訟を起こし和解を行う必要があります。

これは本当に集団予防接種が原因での感染であるのかを証明するためです。

和解までの期間は早ければ半年ほどですが、だいたい1年くらいかかるようです。

厚生労働省が出している「B型肝炎訴訟の手引き」に記載されている救済対象者の要件を完全に満たしている場合などは比較的和解までの期間が短くなるようです。

2014年の時点で、提訴した人は約1万8千人、そのうち1万人強人の和解が成立しています。
手引きの要件を完全に満たしていない場合でも和解が成立することがあります。

B型肝炎訴訟を提訴したいけれど、要件を満たしていない、手続きがよくわからないといった理由で迷っている場合は、専門の法律家に依頼するという方法もあります。

B型肝炎訴訟の取り扱いをうたっている法律事務所は多くありますので比較検討してみると良いでしょう。
弁護士費用として給付金とは別に国からの支給もあります。

もちろん専門家に依頼せず自身で行うことも可能です。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ