B型肝炎訴訟の弁護士は何を基準に選べばいいのか?⇒専門弁護士が無料相談を行っています

B型肝炎訴訟の弁護士は何を基準に選べばいいのか?⇒専門弁護士が無料相談を行っています

B型肝炎訴訟は、幼少のころに不潔な注射器の使い回しによる集団予防接種を受けたがために、B型肝炎ウイルスに感染してしまい、慢性肝炎や肝がんなどの被害にあっている人たちが、国に損害賠償を求めた訴訟のことをいいます。

当初の原告らによるB型肝炎訴訟は、裁判所による和解というかたちとなり、国は特別立法を成立させ、被害者に対して給付金を支払うこととなりました。

実は集団予防接種が原因となってB型肝炎ウイルスに感染した人は、全国で最大40万人と、当初の原告の人数をはるかに超えるということが明らかになっています。

こうした人についても給付金の支給対象ですが、いったん同様に国に対するB型肝炎訴訟を提起した上、国と和解をして給付金を受け取るという、複雑な手続きになっています。

そのため、法律問題のプロである弁護士に依頼をして、本人の代理人として手続きを行ってもらうのがスムーズであるといえます。

その際の弁護士の選び方ですが、できればB型肝炎訴訟についての経験が豊富で、無料相談にも応じている弁護士を選ぶべきといえます。

弁護士の法律相談は基本的には有料ですので、この問題について無料相談を実施しているだけでも貴重ですし、B型肝炎訴訟そのものが医療訴訟の一種という、専門性が高くとりくみにくい分野ですので、なおさら普通の弁護士では証拠書類の収集などに時間がかかる可能性もあるためです。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ