B型肝炎訴訟の手引きとは?

「B型肝炎訴訟の手引き」とは、B型肝炎訴訟の手続きの方法や給付金の仕組みなどが詳しく説明されている手引き書で、厚生労働省が作成したものです。

厚生労働省のホームページでも公開されており、ダウンロードできます。

B型肝炎訴訟は、幼少期に受けた集団予防接種やツベルクリン反応検査で、注射器を使いまわしたことによってB型肝炎に持続感染した人が、国に対して損害賠償を求める訴訟です。

国は、この責任を認めて給付金を支給しますが、条件に合致しているかどうかの調査を裁判所で行うために、該当者は国を相手に国家賠償請求訴訟を提起する必要があります。

和解成立後に支払基金に給付金等の請求をして、支給を受ける仕組みです。

B型肝炎訴訟では、B型肝炎に持続感染している人のうち、集団予防接種等で注射器を連続使用したことによって感染したことが認定された人、該当した人から母子感染した人であることを証明する必要があります。

そのための資料として、「B型肝炎訴訟の手引き」に書類の例が詳しくあげられていますので、参考にしてください。
一次感染者、二次感染者、それぞれについての必要書類が掲載されています。遺族による訴訟も可能とされています。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ