B型肝炎訴訟の手引き(厚生労働省)とは?

B型肝炎訴訟の手引き

B型肝炎訴訟は、幼い頃の集団予防接種が原因でB型肝炎ウィルスに持続感染してしまった方が、国に対して損害賠償を求めるものです。

感染は注射器の連続使用が原因となっていて、国内の持続感染者は110万人から140万人にも及ぶと言われています。

国は賠償措置として給付金の支給を決定していますが、給付の認定を受けるにはB型肝炎訴訟の賠償請求をして、基本合意書に基づき国と和解をする必要があります。

B型肝炎訴訟では、基本合意書に記された要件に該当しているか裁判所で確認が行われるので、証拠となる書類の提出が必要になります。

厚生労働省ではB型肝炎訴訟の和解手続きを円滑に進められるように、賠償請求のために必要な書類や和解手続きの流れを明確にした「B型肝炎訴訟の手引き」を作成しました。

この冊子には、集団予防接種での注射器の連続使用や母子感染ではないといった一次感染者だと証明するための要件や二次感染者である証明のための要件、その要件を確認できる資料の種類、そして病態を認定する際の基準や給付の内容といった賠償請求に関しての重要な情報が詳細に説明されています。

B型肝炎訴訟の手引きは厚生労働省のサイトから確認でき、手引きをダウンロードすることも可能です。

基本合意書や関連する法令の内容なども合わせて厚生労働省のサイトで確認できるので、賠償請求前に目を通しておいたり弁護団の連絡先を確認したりする際にも便利です。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ