B型肝炎訴訟の最新和解状況ブログ以上の情報はこちら。無料で弁護士に相談できます

世の中には様々な感染症がありますが、B型肝炎も感染症の一つです。
B型肝炎に発症してしまうと、最悪の場合命の危険性もありますから注意が必要になってきます。

このB型肝炎の原因のもととなったのは、集団での注射器の使用が挙げられます。
現在は注射器は一人に一つであり、人が変わればその都度針を交換することになります。

しかし、過去には注射器を使いまわすといったことが行われていました。
特に、学校などで行われている集団予防接種においては、注射器を複数使っていたことが分かっています。

ですから、もしB型肝炎の原因がかつての集団予防接種であれば、国を相手にしてB型肝炎訴訟を起こすことができます。
しかし、訴訟問題になるので、当然弁護士に相談することが必要になってきます。

弁護士に依頼し、B型肝炎訴訟が裁判所に認められれば、和解という形で、国から和解金が給付されることになります。
B型肝炎訴訟の国からの和解金については、どの程度の状態かにもよりますが、最高で3600万円ほどの給付金になる可能性があります。

また、まだB型肝炎を発症する前でもB型肝炎訴訟を起こすことはできますから、まずは弁護士に相談してみるとよいでしょう。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ