B型肝炎訴訟の最新進行状況について

B型肝炎ウイルスに感染していることが発覚をした場合にはB型肝炎訴訟を提訴することになります。

B型肝炎訴訟とは、幼少期に受けた集団予防接種等の際に、注射器が連続使用されたことによってB型肝炎ウイルスに感染をしてしまい、その症状に応じた給付金を受取れる制度の事をいいます。

制度では提訴を条件としており、それは、感染をした原因を、司法の場で特定をする必要があるからです。
B型肝炎訴訟は、その症状に覚えがある場合には、まず、弁護士への相談が最適な方法となります。

弁護士は相談された内容を基にして訴状を作成し、裁判所に書類と提出することになります。
B型肝炎訴訟では和解を用いて決着を図っており、通常、その期間においては約1年ほど要することになります。

しかし、厚労省で提示している手引書の要件を完璧に満たしている場合には和解までの時間が早くなることから、訴訟を起こす場合には症状も含めて弁護士とよく相談をしておく必要があります。

そして、なによりも早めの対策が重要となります。

B型肝炎訴訟における最新の進行状況としては、全国B型肝炎訴訟弁護団から発表がなされており、2015年6月18日現在では、提訴者数が16,025名、和解者数で11,350名となっており、その数は現在でも増加の傾向にあります。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ