B型肝炎訴訟の期間は?

B型肝炎訴訟の提起を検討している人にとって最も気になる点の一つに、裁判所に訴訟を提起してから、国との和解が成立するまでにかかる期間が挙げられますが、いったいこの訴訟ではどれくらいの期間がかかるのでしょうか。

B型肝炎訴訟において、訴訟手続に要する期間は半年から1年程度といわれており、それなりに長くなっています。

これだけの時間が必要となっている理由としては、和解することを基本として訴訟手続がすすめられていくことや、B型肝炎訴訟が全国各地の裁判所で起こされており、原告の人数も膨大なことなどが挙げられます。

B型肝炎患者への給付金の支払いが始まった当初は、準備段階から滞り無くすすめば半年程度で終わるケースも多々ありましたが、現在では訴訟の件数も多くなったため、半年で終わるケースは逆に少なくなっているのが現状です。

B型肝炎訴訟を提起するにあたっては、まず提訴するために必要な書類を集めなければなりません。

必要な書類がある程度揃っていれば短期間で裁判所に訴えを起こすことができますが、書類が残っていない場合は、病院で医師に接種痕診断書をつくってもらったり、集団予防接種以外にB型肝炎ウイルスの感染原因がないことを証明するために自分以外の家族や親戚に血液検査を受けてもらったりしなければなりません。

したがって、準備段階も含めると、B型肝炎訴訟に要する期間は、短くて1年程度、長くて2年程度と考えておくと良いでしょう。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ