B型肝炎訴訟の期限は?

B型肝炎訴訟の期限は?

過去に行われた予防接種における駐車機の使い回しにより、はからずしもB型肝炎ウイルスに感染してしまった人を救済する措置として、国による給付金の給付が行われています。

この国の給付金を支給してもらうためには裁判により国と和解を成立させることが必要で、現在多くの裁判所でこのB型肝炎訴訟がおこなわれています。

ただし患者を救うのに有効なこのB型肝炎訴訟ですが、請求には期限が定められており、この期限内に請求を行わなければ給付金を支給してもらうことができなくなるので注意が必要です。

請求期限は平成29年1月12日となっており、給付金を支給してもらいたい場合は、この日付までにB型肝炎訴訟の請求手続きをおこなっておかなければいけません。

ここでいう請求手続きとは、B型肝炎訴訟の手続きに必要な書類を準備し、裁判所に提出していることです。
必要な書類となるのは訴状、症状を証明する書類、医療記録などです。

これらの書類の準備や訴訟手続きは本人が行うことも可能ですが、裁判は煩雑な手続きが多く、時間と労力がかかるため弁護士に手続きを依頼するのが一般的です。

手続きを依頼した場合の弁護士費用についても、給付金額の4%が手当金として支給されますので、経済的な負担を心配しなくても大丈夫です。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ