B型肝炎訴訟の訴状について

B型肝炎訴訟を提起するには、国に対して給付金を請求するための訴状を作成する必要があります。
訴状には、病状と請求する給付金の額、証拠となる必要書類を記載します。

満7歳になるまでに受けた集団予防接種等が原因でB型肝炎ウィルスに持続感染しており、その他の原因による感染でないことを証明するために、さまざまな必要書類を集めます。母子感染の場合も同様です。

集めた必要書類とともに、訴状を裁判所に提出することで、B型肝炎訴訟の提起となります。
提起後、指定日に裁判所に行って、和解手続きが始まります。

和解とは、B型肝炎患者と国が、給付金の額に合意することで、和解が成立すると和解調書が作成されます。
和解調書を含めた書類を社会保険診療報酬支払基金に提出すると、給付金を受け取ることができます。

B型肝炎訴訟は、個人でも提起することができますが、通常は弁護士に依頼します。
弁護士に依頼するメリットは、訴状などの書類作成をしてもらえること、裁判所への出頭を代行してもらえることです。

また、B型肝炎訴訟では求められる書類の種類が多く、漏れがあると何度も追加で提出を求められ、和解までの期間が長引きます。

実績豊富な弁護士に依頼すれば、適切なアドバイスを受けられて、無駄がありません。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ