B型肝炎訴訟の除斥期間は?

B型肝炎訴訟の除斥期間は?

B型肝炎訴訟の救済要件を満たしていても、除斥期間を過ぎている場合は給付金を大幅に減額されてしまいます。

除斥期間とは民法724条で定められている損害賠償が請求できる期間とその時効のことで、発症から20年を経過してしまったB型肝炎訴訟の原告は、除斥期間によって権利が消滅していると国は主張しています。

排斥期間の起点は病態によって違いがあり、慢性肝炎を発症している場合は病気を発症した日になり、症状が出ていない時は集団予防接種を受けた日で考えます。

給付の金額についても、慢性肝炎を発症した方と症状が出ていない方では給付される金額が異なっています。

しかし、現実には集団予防接種で感染しているわけですから、この対応を不服としてB型肝炎訴訟の和解に応じていない原告も存在します。

集団予防接種が原因で感染した患者の中には病状が悪化して肝がんに侵されたケースもあります。

また、報道などでB型肝炎訴訟が騒がれてから自分が該当者だと気付くケースもあるため、除斥期間にこだわらず柔軟な対応を望んでいる原告も多いようです。

病状に苦しんでいる方の中には、保険適用外の移植手術などで金銭的な負担を強いられることもあり、除斥期間が過ぎていたとしても給付金を必要としている方は多く、B型肝炎訴訟に関する今後の対応が注目されています。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ