B型肝炎訴訟ブログ以上の情報がこのサイトで確認できます。さらに、無料で弁護士に相談できます

B型肝炎訴訟は、国の行政施策の予防接種によるB型肝炎に感染した物に対して国家賠償を受給する際、その認定を受ける確認の訴訟であり、感染はしているが発症していないものもその当事者になる訴訟で、確認後に支払基金に賠償金を求める前提のものです。

B型肝炎訴訟は、個人でも訴訟は可能ですが、どのような資料を揃え、どう争うかは、専門の弁護士に任せたほうがいいです。

弁護士なら情報資料集めから相談に乗ってもらえ、情報資料そのものの収集までしてくれます。訴訟可能かどうかなどは無料相談にも応じてもらえ、この無料相談の中で訴訟してどれくらいの給付金になるかも教示してくます。

しかし相談を早くすすめるためには、最低限度の資料ですが、予防接種の受診事実の証明資料だけでそれほど難しいものはなく、公的証明などは弁護士が公的資格に基づき、揃えてくることが多いので、B型肝炎訴訟の進め方に心配なく相談ができます。

B型肝炎訴訟に掛かる給付金の請求には、期限があります。

平成29年1月12日までですので、訴訟の期間を含めて考えると時間がないので、疑いのある方はまず弁護士の初期の無料相談を受けて、その受給の内容を教えてもらってから訴訟を考えてもいいので行動しましょう。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ