B型肝炎訴訟弁護士料金はいくら?⇒相談無料で、成果が出るまで費用は頂きません

B型肝炎訴訟には提訴を行なうことができる期限が設けられているために、症状が確認できた場合や覚えがある場合には迅速に対処をすることが重要となります。

B型肝炎訴訟は、そのほとんどは弁護士に依頼をすることのよって進められますが、この場合に気になるものとして弁護士費用があります。

B型肝炎訴訟は、現在、対象となる人数も増加をしていることから多くの弁護士事務所で対応をしており、概ね相談料等は無料と設定している場合がほとんどになっています。

そして、着手金においても無料設定の事務所も多く、報酬等の料金は後払い制を設けているとことが多く見受けられます。

通常、弁護士に支払う料金としては、着手金と成功報酬とになっており、各々の事務所によってその金額は異なっています。

それは、B型肝炎訴訟でも同様となっており、成功報酬に関しては、よく確認をすることが必要となります。

B型肝炎訴訟では、和解が成立し、給付金が支給されると、その金額とは別に給付金に対して4%の弁護士費用が補助金として支払われることになっています。

そのために実費となる成功報酬は低く設定している事務所もあり、この場合には、補助金と合算をした金額が成功報酬の金額となります。

訴訟では他に、書類作成に関係する料金が必要となり、それには印紙代や切手代がありますが、提訴の内容によって、各々、5,000~128,000円、6,000円程度の費用がかかることになります。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ