B型肝炎訴訟最新ニュース

B型肝炎訴訟最新ニュース

予防接種における不適切な注射の使用により、集団感染が広がったB型肝炎。
国はこの集団感染の責任を認め、感染者の救済措置をはかるために給付金の支払いを決定しています。

ただしこの給付金を受け取るためには、裁判所において和解協議に臨み、和解が成立することが条件になります。
これをB型肝炎訴訟といいますが、この訴訟を行うためには必要書類を準備したり、煩雑な裁判手続きも必要になります。

患者の中には体調がすぐれない人や、経済的に困難な状況にある人もおり、給付金を受け取るのを諦めてしまう人も少なくありません。

そこで弁護士の中には、弱い立場にある人を救済するために患者支援を目的としたB型肝炎訴訟を手掛けるところも増えてきました。

患者支援を行う多くの弁護士事務所では、B型肝炎訴訟の無料相談もおこなっており、経済的な負担を気にすることなく相談ができるようになっているのです。

B型肝炎訴訟の基本的な流れは、まず無料相談に臨み、訴訟を決意した場合は訴訟に必要な書類を用意します。
その後裁判所に提訴し、和解協議が成立すると給付金が支給されることになります。

もちろん弁護士に依頼すればこれらの手続きはすべて任せることができ、裁判所に出廷する必要もありません。

弁護士報酬が気になる人も多くいますが、B型肝炎訴訟では成功報酬の一部を国が負担することが決定しています。費用のことも含め、まずは無料相談を気軽に利用してみましょう。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ