B型肝炎訴訟最新情報と口コミ

子供の幼少期には病気の感染を予防するための手段として、さまざまな予防接種が行われます。
このような予防接種では、使用した注射器はすべて使い捨てされるのが決まりとなっています。

しかし、学校などで集団的に予防接種を行う際に本来であれば使い捨てされなくてはならない注射器を連続的に使用してしまうケースがあり、そのことが原因となってB型肝炎に感染してしまったという問題が発生してしまいました。

そこで注射器の連続使用によるB型肝炎への感染については責任を認め、該当者に対しては給付金が支払われることになりました。

ただし、実際に給付金を支給してもらうには国を相手に対象者がB型肝炎訴訟という裁判を起こして和解する必要があります。

なぜならば、B型肝炎へ感染してしまった原因が本当に注射器の連続使用によるものかを明確にする必要があるからです。

B型肝炎訴訟の訴えを起こすには、この訴訟の対象となっていなくてはなりません。

すなわち、集団予防接種等によりB型肝炎ウイルスに感染した人、集団予防接種等による一次感染者である母親からの母子感染によりB型肝炎ウイルスに感染した人となります。

このような対象者は、B型肝炎訴訟を起こして和解することで給付金が支払われることになります。

B型肝炎訴訟の訴えを起こすことは対象者であれば個人でも行うことができますが、訴訟の手続きなどには複雑な面もあるので、B型肝炎訴訟について不安な人は口コミなどでB型肝炎訴訟に強い弁護士へ相談するのが安心です。

B型肝炎訴訟の手続きの進め方は厚生労働省が手引書を作成しているのでそれを参考するようにすれば問題はありません。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ