B型肝炎訴訟給付金はいくら貰えるのか?

B型肝炎訴訟給付金を受け取るためには裁判所への訴訟提起や調停申立を行わなければなりません。
提出書類が受理されれば、訴訟手続や調停手続を経て、B型肝炎訴訟給付金の対象者と認められれば支給されます。

B型肝炎訴訟給付金の金額は、B型肝炎ウイルス感染者の病態によって異なっています。

最も支給金額が高い病態は、B型肝炎ウイルスの感染が原因となって死亡したり、肝がんや重度の肝硬変を発症した場合で3,600万円が支払われます。

以下、軽度の肝硬変の場合は2,500万円、慢性B型肝炎の場合は1,250万円が支給され、法律上の除斥期間が経過している人については現在も慢性肝炎の症状がある人には300万円、症状が改善されている人は150万円が支給されます。

また、無症候性キャリアの人は除斥期間が経過していない場合に600万円、除斥期間が経過している場合に50万円が支給されます。

B型肝炎訴訟給付金は上記の他にも、弁護士に訴訟や調停の作業を依頼した場合に支払う報酬や、B型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを確認するための検査費用、感染防止のための医療費、慢性肝炎や肝がんなどの発症の有無を確認するための検査費用も、支給の対象となっています。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談 詳細はこちらから600×150_blue

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ