弁護士無料相談はコチラ

B型肝炎訴訟により国から最大3,600万円の給付支援を受けとれる制度をご存知ですか?

昭和23年から昭和63年までの間に受けた集団予防接種等)の際に、注射器が連続使用されたことが原因でB型肝炎ウイルスに持続感染した方は病態に応じ50万~3,600万円の給付金を受け取ることが出来ます。

しかし、この給付金を受け取るためには、国を相手に国家賠償請求訴訟を提起して国との間で和解等を行う必要があります。
私達はそのご相談を無料で行っております。

給付の対象となる方の認定は、裁判所において、救済要件に合致するかどうか、証拠に基づき確認していくこととなります。このため、この給付金を受け取るためには、国を相手とする国家賠償請求訴訟を提起して、国との間で和解等を行っていただく必要があります。

B型肝炎訴訟給付金/弁護士無料相談

詳細はこちらから600×150_blue

サブコンテンツ

このページの先頭へ